帝都華宵 -ていとはなよい- ストーリー紹介

ラヂオドラマ帝都華宵日記

あらすじ

西洋文化の影響を受けた新しい音楽・演劇・絵画・文芸などの芸術が大衆文化として華開いた大正初期。
「帝都陸軍兵学校」では毎年七夕近くの日曜日に歌の祭典「帝都華宵歌劇」が催されていた。

あれから数年・・・、
世界大戦後の恐慌などもあり、社会全体が不安感や閉塞感にさいなまれ 時代は一変していた。

この物語は、誰よりも歌を愛し、直向きで熱い心を持った少年「秋月鳴海」と戦争を憎み歌に国境を超える力を見出そうとする少年「橘いくる」、不器用でケンカっぱやいが友達想いの士族の少年「小鳥遊司」が中心に織りなす、少年から大人へと成長する狭間で揺れ動く心を描いた青春群像ドラマ。

登場人物(演者)
秋月鳴海天月-あまつき-
橘いくるコニー
小鳥遊司伊東歌詞太郎
笛木美治un:c
西園寺望ゆう十
シンノスケワンク
一色壮馬らむだーじゃん

登場人物

秋月鳴海
画像:秋月鳴海

演者:天月 -あまつき-

橘いくる
画像:橘いくる

演者:コニー

小鳥遊司
画像:小鳥遊司

演者:伊東歌詞太郎-

笛木美治
画像:笛木美治

演者:un:c

西園寺望
画像:西園寺望

演者:ゆう十

一色壮馬
画像:一色壮馬

演者:らむだーじゃん

シンノスケ
画像:シンノスケ

ワンク

キャラクター紹介へ

相関図

帝都華宵日記 相関図

舞台帝都華宵歌劇

あらすじ

【第一幕】

画像:帝都華宵歌劇【第1幕】1 画像:帝都華宵歌劇【第1幕】2 画像:帝都華宵歌劇【第1幕】3 画像:帝都華宵歌劇【第1幕】4

大正六年――

現役兵科将校育成機関として誉れ高い『帝都陸軍兵学校』で、
毎年七夕近くの日曜日に催されていた、歌の祭典『帝都華宵歌劇』

しかしながら戦況の悪化に伴い、
歌を始めとする娯楽の類が一切禁じられると、
以後『帝都華宵歌劇』が幕を開けることは無かった。

五年後、夏。

『帝都華宵歌劇』は、再び甦る。
それは、誰よりも歌を愛し、直向きで熱い心を持つ少年と、
戦争を憎み、歌に国境を越える力を見出す少年、
声を失った少女へ、言葉に出来ない恋心を歌で伝えたい少年、
自らの責任に揺れながらも、歌への想いを捨てきれない少年、
妹を苦しめたことを悔やみ、歌で救われることを願う青年――

彼らの「どんな障害があっても仲間を信じ抜くくじけない心」
「歌を、音楽を信じきるくもりなき心」がひとつになった瞬間。

彼らの夢が現実となる・・・。

登場人物
秋月鳴海
橘いくる
朝倉碧
一色壮馬
西園寺望

【第二幕】吹雪の彼方に

画像:帝都華宵歌劇【第2幕】1 画像:帝都華宵歌劇【第2幕】2 画像:帝都華宵歌劇【第2幕】3 画像:帝都華宵歌劇【第2幕】4

帝都華宵歌劇第二幕の開催に向けて奮闘する秋月三号生、橘三号生、一色一号生。

同時に教官の西園寺のもと学業に励んだり、講談を生業とする小鳥遊とクロッケーを食べたりと、充実した日々を送っていた。

そこに現れた七色の声を持つ謎の転校生・口羽。
そして、突如舞い込んだ俄かに信じがたい報せ…。

果たして帝都華宵歌劇第二幕は、無事開催されるのか?

迷いながら、時には足を止めながら、
それでも友と一緒に進んでいく、
不器用だけど眩しい若者たちが織り成す、
青春群像歌唱劇、再び。

登場人物
秋月鳴海
橘いくる
小鳥遊司
一色壮馬
口羽トヲル
西園寺望

【第三幕】夏の流れ

画像:帝都華宵歌劇【第3幕】1 画像:帝都華宵歌劇【第3幕】2 画像:帝都華宵歌劇【第3幕】3 画像:帝都華宵歌劇【第3幕】4

季節は巡り、夏―。毎夜船着き場に佇む秋月三号生、橘三号生、小鳥遊三号生、一色一号生。

彼らはある男との再会を待っていた。

初めてできた友との邂逅に想いを馳せながら、帝都華宵歌劇第三幕の開催の準備を進める四人。

しかし、再会を待つ男の代わりに現れたのは海軍生・口羽。 口羽が明かす待ち人、笛木二号生の秘めた想いに困惑する一同だが・・・?

登場人物
秋月鳴海
橘いくる
小鳥遊司
一色壮馬
口羽トヲル
西園寺望
笛木美治

登場人物

秋月鳴海
画像:秋月鳴海
橘いくる
画像:橘いくる
小鳥遊司
画像:小鳥遊司
一色壮馬
画像:一色壮馬i
口羽トヲル
画像:口羽トヲル
笛木美治
画像:笛木美治
西園寺望
画像:西園寺望
朝倉碧
画像:朝倉碧

キャラクター紹介へ

相関図

画像:舞台華宵歌劇相関図

キャラクター紹介

akizuki

秋月 鳴海あきづき なるみ

歌うことが大好きで、仲間を集め、幻の文化祭「帝都華宵歌劇」を復活させるべく、
帝都陸軍兵学校に入学する。
父を軍人に持つ、裕福な家柄。
素直で熱い、曲がったことが大嫌いな真っすぐな性格。

所属 :
帝都陸軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵日記」
「帝都華宵歌劇-第一幕-」
「帝都華宵歌劇-第二幕-」
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
tachibana

橘 いくるたちばな いくる

秋月鳴海の親友。明るいムードメーカーのお調子者。
一方、ハーフであり母親はある事情から米国へ帰国中。
長く会っていない。
平和を愛し、戦争を憎む。

所属 :
帝都陸軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵日記」
「帝都華宵歌劇-第一幕-」
「帝都華宵歌劇-第二幕-」
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
takanashi

小鳥遊 司たかなし つかさ

秋月鳴海の友人で道端での講談を生業とする謎の少年。
その正体はかつての権威者、士族(武士)。
移り行く時代の波に翻弄されつつも変わらない何かを求めている。
ケンカっぱやいが弟想い。

所属 :
帝都陸軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵日記」
「帝都華宵歌劇-第二幕-」
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
fueki

笛木 美治ふえき みはる

秋月鳴海、橘いくるの先輩。
幼い頃の哀しい経験からハーフのいくるを警戒しているが・・・?

所属 :
帝都陸軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵日記」
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
kuchiba

口羽 トヲルくちば とをる

帝都陸軍兵学校に入校した謎の転校生。
愛嬌のある性格。
七色の声音で人々を魅了する。しかしその正体は・・・

所属 :
帝都海軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵歌劇-第二幕-」
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
isshiki

一色 壮馬いっしき そうま

秋月鳴海、橘いくるの先輩。
神秘的で思慮深い。
秋月鳴海、橘いくる等の歌への深い愛情に感銘を受け、「帝都華宵歌劇」の開催に向けで尽力するが・・・。

所属 :
帝都陸軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵歌劇-第一幕-
「帝都華宵歌劇-第二幕-
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
画像:朝倉碧

朝倉 碧あさくら あおい

秋月鳴海、橘いくるの後輩。
物静かでシャイな性格だが、歌が好き。
下校時に出逢った「二階の窓の君」と呼ばれる女の子に淡い恋心を抱くが、兄と名乗る男に殴られ・・・。

所属 :
帝都陸軍兵学校
Appearances :
「帝都華宵歌劇-第一幕-」
saionji

西園寺 望さいおんじ のぞむ

帝都陸軍兵学校の伝説の卒業生。
現在は帝都陸軍兵学校の教官を勤める。

所属 :
帝都陸軍兵学校教官
Appearances :
「帝都華宵日記」
「帝都華宵歌劇-第一幕-」
「帝都華宵歌劇-第二幕-」
「帝都華宵歌劇-第三幕-」
shinnosuke

シンノスケ

秋月家の番犬。鳴海の成長をそばで見続けている。

所属 :
秋月家
Appearances :
「帝都華宵日記」